「さっきまでガン見してたのにガン無視」 アイドルヲタクの奇妙な習性

 

アイドルヲタクは奇妙な生き物です。

「一般人」には理解できない行動をとることがあります。

 

ハロヲタの私には日常のエピソードを紹介します。

 

こぶしファクトリー ミニライブに参戦したとき

現場:こぶしファクトリー 3/28発売 5thシングル発売記念ミニライブ&握手会

日程:2018年2月25日(日) 14:00~

場所:札幌・ノルベサ 3F イベントスペース

出演者:広瀬彩海野村みな美浜浦彩乃和田桜子井上玲音

 

イベント帰りに・・・

・1部のライブのみ見て帰ろうとした時

・会場から出るためエスカレータに向かおうとしたら前からメンバーが歩いてきた!

・この状況で引き返すのも不自然なので「一般人」のふりしてメンバーとすれ違った

 

この時は冷や汗をかきました。

 

ヲタクの習性

イベント自体は無料でしたが、こぶしファクトリーを見るために時間とお金をかけて遠征してきたわけです。

アイドルの追っかけをしているわけです。

でもイベントが終わればメンバーには触れてはいけない。

 

これがハロメンハロヲタの距離感です。

 

ヲタクをやっていれば自然と身に付く習性。

長いハロプロの歴史で色々なことがあり、出来上がった不文律ともいえるでしょうか。

 

アイドルという商売とプライベートの境界

アイドルとヲタクが「繋がる」という問題は各所であります。

 

ヲタクもアイドル本人も、アイドルという仕事・商売とプライベートの区別がつかなくなって「繋がる」ということが起きるのだと思います。

 

アイドルがアイドルであるため、ヲタクがヲタクであるためには「距離」が必要です。

 

「距離」があるからビジネスとして洗練されています。

ビジネスパーソンでこれほどストイックに仕事とプライベートの「距離」を設定している人はどれだけいるでしょうか。

 

たいていの会社員は他人のプライベートに踏み込み過ぎなのが現実です。

 

いろいろ背負って生きている、これがヲタク人生

アイドルとヲタクという奇妙な関係。

その間にある、ちょっぴりセンチメンタルな「距離」。

手が届かないのがちょうどいい。

 

「見てるだけしかできないけど」「見てるだけで伝わる」からアイドルの追っかけは成り立つのです。

 

 

 

アイドルヲタクの曲といえばハロヲタでラッパーの宇多丸さんのこれ。

推しがいる人ならこの切なさが分かるはず。

 

あ・い・ど・る featuring,RYOJI&宇多丸

 

TAICHI MASTER/DISCO★NNECTION